株式会社アンコール・アン

マリンシルトFP®

マリンシルトについて


地域:沖縄県南部地域
土壌:ジャーガル
実態:ジャーガル土壌下に存在する粘土鉱物(クチャ)

起源情報:海洋動植物が埋没堆積(数百万年前)→地殻変動→海底の隆起→琉球列島の島々が形成

マリンシルトの性状、ミネラル特性

性状・物性

・物質:粘土質でミネラルを多く含む泥灰岩 
・組成:雲母(マイカ)、スメクタイト、モンモリロナイト、カオリナイトの混合物
原始的なタイプの貝を含むため炭酸Caやミネラルが豊富、マイナスの電気を帯びている
・分散性:7μm以下の粒子が50%以上で非常にきめ細かい、水を吸うと柔らかい粘土となり、多量の水で泥水になる、中~弱アルカリ性

ミネラル特性※ミネラル組成比較

マリンシルト 溶岩クレイ
Si 59 64.6
Al 19 2.7
Fe 6.5 1.2
Mg 3.2 30.6
K 3.2 0.5
Ca 2.8 1
Na 1.9 0.1
Ti 0.9 0.1

マリンシルトの吸着性について

マリンシルト単体の吸着実験

●結果:マリンシルトが墨汁に含まれる膠(タンパク質)を吸着し墨汁を沈殿させた。

技術特性:粒度分布(採用製法、湿式の優位性)

マリンシルト湿式品の粒度分布図及び光学顕微鏡写真

湿式品(採用製法)

湿式品の平均粒子径は約7μmと非常に微細、粒度分布がシャープで粒度 が均一。
なめらかでしっとりとした感触が得れる。

乾式品

乾式品の平均粒子径は、約9μm前後で、微細粒子と粗い粒子が混在。

粒度分布図

※安全性補足情報:皮膚一次性刺激試験(In vitro)=無刺激判定、眼刺激性試験(In vitro)=無刺激判定
※「マリンシルトFP」は㈱アンコール・アンの登録商標です。

資料ダウンロードはこちら
page top